フコイダン がん効果は?《p53誘導体DBグルコース》 口コミ

 

癌学会で有用性を発表!

シンゲンメディカル株式会社

「全分子フコイダン・フコース・フコキサンチン・DBグルコース」

 



 

p53誘導体 DBグルコース

抗腫瘍活性臨床試験

マウスを通常の水道水を与える一群と、p53誘導体 DBグルコース添加水を与える一群に分類。
飲水開始から1週間後にW14細胞を皮下に移植し、その後3週間経過時点での増殖・成長を測定しました。

 

p5313

 

p5314

水道水コントロールに対し、p53誘導体 DBグルコースでは100%の成長阻害率を示す。

 

 

 

アポトーシス誘導臨床試験結果

臨床試験の結果では、対照群においてがん細胞が残存率100%と減少が見られないのに対し、p53誘導体 フコキサンチンを与えた一群はがん細胞の残存率が55%となり、45%のヒトすい癌細胞株HPC-4の減少が見られました。

この臨床試験において、ヒトすい癌細胞株HPC-4に対するp53誘導体 フコキサンチンのアポトーシスが認められ、明らかな抗腫瘍作用が確認されました。

p5315

 

 

 

1992年の現シンゲンメディカル札幌医薬研究所

所長 高橋延昭によるヒバマタフコイダンの

作用解明と学会への発表からスタートしました。

 

14年にもわたる臨床研究を経て2006年ようやくフコイダンの製品化に成功。

p538

 

 

 

➊今すぐ必要な方に最高濃度

➋未来へ希望をつなぐスタンダードタイプ

➌食生活を見直し5年後の健やかに

p534

 

 

 

 

4週おきに自動的にお届けする最もお得なご注文コース

通常価格の10%OFFにて

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼