ガンに効果はあるの?「p53誘導体DBグルコース」フコダインとは

 

シンゲンメディカル株式会社

癌学会で有用性を発表!

 

「W14固形がんの成長を100%阻害するという驚くべき結果が得られました。」

という
【p53誘導体DBグルコース】配合の全分子フコイダンエキス

について調べてみました。

 

 

p5316

 

 

p53誘導体 DBグルコースの臨床試験結果

 

p53誘導体 DBグルコース希釈水を与える

通常の水道水を与える

飲水開始から1週間後にH-ras癌遺伝子W14細胞を皮下に移植し、その後3週間経過時点での増殖・成長を測定。

p5317

 

その結果、

通常の水道水を与えた一群では固形がんの体積が1,000mm3に達したのに対し、p53誘導体DBグルコースを与えた一群ではほとんど増殖・成長が見られず、H-ras癌遺伝子W14細胞を100%近く阻害していることが確認されました。

p5318

 

 

 

補完医療として期待される
 p53誘導体とは

 

 

 

がんの医療分野では標準治療だけでなく、免疫治療など先進医療が近年目覚ましい成果をあげるようになってきました。しかし一方で5年生存率など、まだまだ全体にみると改善されるに至っていないのが現状です。

 

p5319

 

 

補完医療とは

通常医療を補完する目的で用いられるサプリメント、ハーブ、伝統療法などを指します。

ゆえに、がんへの直接的な作用はもちろん、基礎的な調整作用、通常医療との相乗作用など、様々な目的が求められています。

p5320

p5321

p5322

 

 

補完医療に求められる役割を真摯に受け止め、

一つ一つ丁寧に臨床実験を繰り返し解明に努めています。

という「シンゲンメディカル株式会社」

 

 

詳しい内容については

こちらの公式サイトで

確認してください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼


 

 

お医者さんの反応は厳しいものがありますが、

どんな時も新たに開発するものは意外とたたかれるもの。

まじめに前を向いて研究している

シンゲンメディカル札幌研究所 高橋延昭 所長

の研究成果を覗いてみてください。